ポケモンs4について

 

まずは結果から

サン:最終175×最高1954

ムーン:最終1905最高1905

f:id:skndpokemon:20170717172900j:plain

↑黙れ

 

マジでなにしてんのって感じです

前期みたいに疲れたからとかポケモンに対するやる気が無いからとかではとかでは無く、最終日前日の夕方まで潜りこの結果です。悲しいなぁ(諸行無常

典型的な序盤元気で、ムーンをかなりはやめに1900乗せて瞬間15位とっていい気になっていたら最終的にはこの有様です。笑えよ

 

原因は1つしかありません、僕がポケモン弱いからです。強くなっていつか必ず結果を残してみせます。

 

悔しい結果で終わったs4でしたが僕が費やした時間はたぶん無駄にはなりません。かつて無いほどの対戦回数をつみ、様々な方の様々な構築とプレイングを見ながら自分の知識へと繋げることができたはずです。

悔しい気持ちと新たに得た知識を無駄にせず来期からもポケモンをがんばります。

 

 

 

さて、本題に入ります。

遂に始まりましたね、ウルトラマンジード!

なんとこのウルトラマンジード、光の国で唯一悪の道へと堕ちた反逆者のウルトラマン、『ウルトラマンベリアル』の息子なのだ!

 

突如として現れた謎の怪獣スカルゴモラが街を襲う。

人々の危機を救うために戦ったジードだが、世間からの意見は否定的であった。

過去に地球を襲い破滅へと追い込んだとされるベリアルと同一視されているからだ。

一度はウルトラマンジードとして戦うことをやめようとした主人公のリクだが、それでも彼は戦う。

それは彼がウルトラマンジードだからだ。彼は父親のベリアルではなく、彼は彼なのだ。

ウルトラマンジードは、かつて地球のため人類のために戦ってきたウルトラ戦士と同じように正義のウルトラマンなのだ!

 

ジードはこれからも数々の困難や試練を乗り越えながら我々のために戦ってくれるだろう。

そんな彼の活躍を見逃すわけにはいかない。今すぐキミもウルトラマンジードを観よう!

ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!

 

s3シングル構築 インキャサイクル

ドヒドブルル、使いました。

f:id:skndpokemon:20170513222643p:plain

 

過疎で実質2000(eno並感)

勝ちが安定しなくなって萎えました。

ポケモン勝負で負けそうになると吐き気を催す病気にかかったのでしばらくレート離れるぷり…

 

まだまだ使いたいので詳しくは書かないです。

雑にいきます

 

ドヒドイデ@黒いヘドロ

熱湯 黒い霧 毒々 自己再生

 

かたいしめっちゃ回復する、強い

熱湯、前シーズンと比べて焼かなくなった気がする。

 

カプ・ブルル@食べ残し

ウッドホーン 守る 身代わり 宿り木の種

ドヒドイデの嫁

草はやしたり宿り木入れたり定数ダメージ稼いだりと仕事は多い

 

ゲッコウガ@タスキ

冷凍ビーム 岩石封じ ダストシュート 悪のはどう

正しく選出したら面白いくらいぶっささる

レヒレリザボルトマンダカミツルギみたいな受けルころしゅー٩(。θ◡θ。)۶みたいなやつを上からつぶせる

 

ベトベトン@ラム

追い討ち はたき 毒づき 影うち

素催眠ゲンガーに親を殺されたのでラム

多少は汎用性を落としてでもゲンガーを殺したかったのでチョッキや半分回復する木の実を諦めたが、無理やり起点を作ろうとするジャローダエルフーンに強かったりと何かと強いポケモンでした

 

ラッキー@きせき

タマゴうみ 毒々 地球投げ ステロ

ステロ撒きが仕事。その後適当に使っても硬くて強い

 

ギルガルド@霊Z

シャドクロ 聖なる剣 かげうち 剣舞

呼ぶグロスに後投げしてZぶっ放す

相手は一体死ぬ。

相手の受けルに出したりもする

 

 

 

かなりガバガバで穴のある♂パーティですが、まあまあ勝てるんじゃない(適当)

中期にコケコハッサムつかって頑張ってたけどなかなか勝てずシーズン2で愛用していたドヒドブルルを呼び戻したら面白いくらい勝てるように。これがインキャの宿命。

時間的にも、精神的にもきついので私は撤退します・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、そうだ(唐突)

www.tv-tokyo.co.jp

 「アイドルタイムプリパラ」は毎週火曜17:55に絶賛放送中ゾ。

前作の「プリパラ」同様個性的で可愛いキャラクターが多くて今後も目が離せないゾ〜コレ。

来週のアイドルタイムプリパラ(5.16)はそふぃが出るから絶対みなきゃ(使命感)

f:id:skndpokemon:20170513235033j:plain


「プリパラ」をまだ見ていない人もこっちきて、プリパラから見ろよ見ろよ

絶対的生命体でイゴよろしく!(蛇足)

7世代S2使用構築【最高2042】ドヒブルル軸

こんにちは、さかなだという者です。

 

S2で使用しレート2042まで行くことができた構築をここに載せておきます。

試合回数75回、勝率も0.76とそこそこ安定して勝つことができました。

f:id:skndpokemon:20170320190556j:plain

 

重いと感じたポケモンに応じて不要なポケモンをきり新たなポケモンを採用していく形になったので、入れ替えていったポケモンも軽く書いていこうと思います。

 

 

 

f:id:skndpokemon:20170320194633g:plain

ドヒドイデ@くろいヘドロ

ねっとう/どくどく/じこさいせい/くろいきり

特性:再生力

性格:図太い

努力値:252-0-252-0-4-0

 

細かい調整は全くしていません。物理受けの役割を持たせるためHB特化。

フィールド上ならガブリアスマンムーにも負けません。地割れはダメです。

ヘドロ+GF+再生力の回復量は驚異的。

相手を削る際のメインウェポンは毒々です。必中毒々の安心感は異常でした。

ですが、それ以上にこのポケモンを使う上で一番便利だと感じた技はくろいきりでした。

これを持つことによって積みの起点にされることを回避し、自身の受けを安定させることで毒をいれるタイミングの確保や熱湯の試行回数を稼くことができ、自分は倒れず相手を一方的に削るという理想的な盤面に持ち込めることが多かったです。

 

Dも素の種族値がかなり高い関係上、無振りでもタイプ相性の関係でメガリザードンYウルガモス(技による)などのブルルが受けきることのできない特殊高火力ポケモンを受けきることができたことも非常に強力でした。

受けを安定させるためにDに努力値を割いてもいいと思います。

 

メガフシギバナナットレイ、みがわりスイクン、毒みガルドなど選出次第ではこちらから倒すことのできないポケモンも結構いたのですが、毒が入らないことやフィールド+持ち物+再生力+自己再生と非常に多くの回復ソースによりこちらの場持ちも半端なものではないことによって、ほとんど負けることはありませんでした。

くろいきりも含む全技にポイントマックスを使用したのでPP合戦に負けることも全く無く、ほとんど相手の時間切れによる勝ち又は相手の降参による勝ちでした。(熱湯24+どくどく16+自己再生16+くろいきり48)

 

 

f:id:skndpokemon:20170320194711g:plain

カプ・ブルル@たべのこし

ウッドホーン/やどりぎのタネ/まもる/みがわり

特性:グラスメイカー

性格:慎重

努力値:252-0-4-0-252-0

 

細かい調整は(

さすがに少しは調整した方がいいと思いますが、怠けてしまいました。

フィールド展開とみがまもによるダメージ蓄積、PP削りが主な仕事です。

地震を弱めることはかなり大きな仕事でガブリアスマンムー、その他のじしんをサブウェポンとするポケモンに対するドヒドイデの受けを非常に安定させてくれました。

霊獣ランドロスはブルルで受けることが多かったです。ヘドロウェーブを撃ってくるランドロスはさすがにいませんでした。

その他、ドヒドイデでは勝てないコケコレヒレテテフにかなり強く、先発または後出しからフィールドを奪い取ってしまえばかなり安定して勝つことができます。

基本的にコケコレヒレと対面した場合は引かれてしまうことが多いので、裏にも負担をかけつつこちらの受けを安定させるやどりぎのタネまたはこちらの行動回数を稼ぐことができ単純にアドバンテージを取りやすい身代わりを選択することが多かったです。

裏にボーマンダがいる際はハイボを打たれた場合ブルルは倒れるのでみがわりから入るのはやめましょう。

リザードンへの交換が想定できる場合みがわり安定です。

次の手はX、Yどちらにしてもとりあえずやどりぎ安定です。

Xの場合は相手の竜舞or剣舞の選択よってみがわりが残りさえすればあとはまもみが連打で流すor倒すことができ、Yの場合はみがわりとまもるで晴れターンを稼ぎドヒドイデに交代すればほぼ確実にみれます。

 

テテフは相手の持ち物がスカーフだと確定するまではエスパーZを警戒する立ち回りが必要になります。

 

 

 

ドヒブルル+1が基本選出で、ここからはその他の枠を紹介します

 

 

f:id:skndpokemon:20170320204316g:plain

ヤドラン@ヤドランナイト

ねっとう/れいとうビーム/てっぺき/じこさいせい

特性:再生力→シェルアーマー

性格:図太い

努力値:244-0-252-12-0-0

 

バンドリマンダが多くドリュウズを受けづらいと感じたため採用。とにかく物理耐久に関する安心感は半端なものではありません。

が、特殊技と毒で崩れることがありボーマンダを確実に受けることは難しかったです。

てすがフィールド無しでガブリアスマンムー、その他の多くの物理ATを数値受けできることのメリットは大きかったです。

このポケモンは入れたり外したりでした。

 

 

f:id:skndpokemon:20170320205531g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

れいとうビーム/10まんボルト/どくどく/じこさいせい

特性:トレース

性格:図太い

努力値:244-0-196-0-68-0

 

ヤドランの枠にこいつを入れたり。

やることは他のポリゴン2とほとんど変わらないです。

ドヒドイデを回復させたいときのクッションだったり、ドヒドイデとまわしながら相手のPPを削ったりとその耐久の高さゆえできることは多かったです。

また一番ボーマンダを受けやすいポケモンでした。

 

 

上の4体では

カミツルギウルガモス、レボルト

f:id:skndpokemon:20170320205223g:plainf:id:skndpokemon:20170320205258g:plainf:id:skndpokemon:20170320205320g:plain

といったドヒドイデでは受けの安定しない積んで高火力を押し付けてくるポケモンが非常に辛いです。

 

 

ゲッコウガ

ゲッコウガきあいのタスキ

ダストシュート/がんせきふうじ/れいとうビーム/あくのはどう

特性:へんげんじざい

性格:せっかち

努力値:0-4-0-252-0-252

 

誤魔化し枠です。が、こいつはずっとパーティから外れませんでした。

何故なら単純にタイマン性能が高いからです。ぶっ壊れた特性と技範囲と素早さにより多くのポケモンに勝つことができました。

初手から出すことも多かったですが、ドヒブルルなどで相手の交代を誘い相手の選出を把握しつつ毒などの定数ダメージで削りながらゲッコウガで全抜きできる状態までもちこむことで勝てた試合も多かったです。

 

初手でテテフと対面した際は、とりあえずブルルに下げます。

そのときムンフォを打たれたらほぼスカーフ確定と判断できブルルやもう一枠のポケモンが動きやすくなります。

 

 

メガゲンガー

ゲンガー@ゲンガナイト

シャドーボール/ほろびのうた/みがわり/まもる

特性:のろわれボディ→かげふみ

性格:おくびょう

努力値:252-0-52-0-0-204

 

相手の受けルを崩す枠です。

メガゲンガー : 【滅びの歌】歌うゲンガー【害悪】 - ポケモン育成論ORAS・XY - ポケモン徹底攻略

ここから引っ張り出しました。ありがとうございます。

 

 

ミミッキュ

ミミッキュ@ゴーストZ

シャドークロー/じゃれつく/かげうち/つるぎのまい

特性:ばけのかわ

性格:いじっぱり

努力値:4-252-0-0-0-252

 

一般的なミミッキュです。

ゲッコウガに近い動かし方をします。

構築的に勝手にのろい型だと思ってくれたのか、先発で出した場合挑発してくるポケモンが多かったです。

ばけのかわを残しとっておくことによってドヒドイデがとめられなかった積みポケモンを無理やり止めたりもできます。

 

 

バンギラス

バンギラス@ラムのみ

おいうち/かみくだく/ステルスロック/ほえる

特性:すなおこし

性格:いじっぱり

努力値:204-60-0-0-244-0

 

メガゲンガーを狩る枠にしたかったのですが、やはり択に勝つ必要がありあまり安定しませんでした。

砂のスリップダメージが邪魔だったりして選出しづらかったです。

 

 

メガリザードンX

リザードンリザードナイトX

フレアドライブ/ドラゴンクロー/りゅうのまい/はねやすめ

特性:もうか→かたいツメ

性格:いじっぱり

努力値:252-4-4-0-124-124

 

見せポケです。ナットレイがめんどくさいと感じ採用し、実際に選出されなくなりました。

しかし、PPからせばいいことに気づきむしろこっちが負けることのないポケモンを選ばれなくなることはディスアドバンテージと感じ割とすぐに外しました。

選出率0でしたが、正しく使えば強いはずです。

 

f:id:skndpokemon:20170320224107j:plain

バンギラスリザードンは2000に到達した際入っていたので紹介させていただきました。

 

 

 

ドヒドイデカプ・ブルルゲッコウガ+必要に応じて上から三体というのがシーズンを通して使っていたPTです。

一番安定して勝てたのはミミッキュ+ポリゴン2+ゲンガーでした。

 

そんなにいい構築とは言えないのですがドヒブルルに少しでも興味があれば参考にしていただけると幸いです。

S3は100戦までにレート2100載せることを目標とします。